刀で稼ぐ(ニュービジネス)

刀剣界のビジネスはまだまだ開拓の余地があると考えております。

反りがある日本刀は約1000年ほど前から作られました。

製造する職(刀鍛冶)以外にも研ぎ、修復、鑑定、貿易の仕事まで古来から存在しておりました。

近年ではその刀を展示する美術館から写真撮影、刀剣レンタル、インターネットを通したデジタル系のサービスなどさまざまなビジネスが存在しております。

情報の媒体である書物、インターネットを通し、刀剣は広めることが昔よりも容易になったのではないでしょうか。

そのため、人が対価として代金を支払うサービス(ビジネス)はますます多くなるのではないかと予想しております。

物質的な資源は限られていますが、人々が生み出すアイディアは量に限りがなく可能性が無限大です。

是非とも、健全な商業活動に基づいた新しい刀剣ビジネスの構築を期待しております。また、その取り組みを支持したく、応援しております。

弊社も、微力ながら、刀剣の魅力を世界中に広めるため、様々な試みと改善に取り組んでおります。

 

error: Content is protected !!